お肌が弱いからと、永久脱毛を諦めていませんか?また、皮膚にトラブルがあるからと永久脱毛を躊躇っていませんか?

永久脱毛はお肌が弱くても、皮膚にトラブルがあってもできる可能性はあります。まずは、一度無料カウンセリングなどを利用して専門の医師に診てもらうようにしてください。

そもそも、自分のお肌の状態がどうであって、本当に施術できるのかできないのかを専門家に診てもらうこともせず、余計な知識や憶測で諦めているのでは何も始まりません。

とりあえず、脱毛サロンや医療脱毛を行っているクリニックが施術不可としているお肌の状態や皮膚にトラブルの条件を見てみましょう。

※皮膚に関する施術ができない条件のみを集めています。

銀座カラーの施術条件

  • 皮膚に病変(切り傷、炎症、アトピー性皮膚炎、その他の術後)のある方
  • ケロイドになりやすい方
  • 原因不明の皮膚疾患がある方
  • 色素沈着または色素性病変のある方
  • にきび用軟膏(ステロイド剤など)を使用されている方

エピレの施術条件

  • 傷がある場合⇒回復状況を問わず、傷がある箇所は、脱毛ができません。傷の部分を避けて脱毛いたします
  • アトピーの場合⇒肌状態が安定していれば脱毛可能ですが、通院先の医師の確認が必要になります
  • 乾燥肌の場合⇒状態により脱毛ができない場合がございます
  • 肌が弱い場合⇒ケロイド体質、光過敏症、肌が極端に弱い その他、皮膚に何らかの異常がある等の場合は脱毛できません

ミュゼの施術条件

お肌が乾燥してる場合

日本医学脱毛協会 公式サイト

  • アトピーがある場合⇒アトピーの現在の状態にもよりますが、レーザーが原因でじんましんやアトピーが悪化したという症例はありません
  • アレルギー体質でアトピー肌でもレーザー脱毛は可能?⇒レーザーでの脱毛は、放射線のように人の身体に害を与えるものではありませんので、 今のところアトピーやアレルギーが悪化したという例はありません

品川スキンクリニック 美容皮フ科

  • 色素沈着している場合⇒色素沈着を起こされている場合、レーザーをあてますとその部分が火傷に近い状態になってしまいますので、レーザーをあてられない事もございます
  • 当院ではレーザーをあてる前に皮膚の色をはかり、安全な範囲で処置を行っております。色素が濃すぎてあてられない場合はお断りすることもございますので、予めご承知おき下さい

このように、各脱毛サロン・クリニックにはそれぞれ施術できない条件があります。しかし、最後には必ずと言っていいほど「カウンセリングで相談してください。」と記されています。

お肌の状態が個人個人異なっていますので、一括りにこれはいい、これはダメとは言えないということですね。

ですから、まずは気になる脱毛サロンやクリニックで相談してみるべきです。

脱毛サロンとクリニックではどちらが肌への影響が少ないのか

一般的にお肌に優しいとされている脱毛の方法は、脱毛サロンで受けられるフラッシュ脱毛(光脱毛)と呼ばれているものです。

光の強さが、クリニックで受けるレーザー脱毛よりも弱くお肌に影響しにくいと言われています。

しかし、この考え方も視点を変えてみると、光が弱い分何度も光のダメージをお肌に与えるのであれば適切な処置ができる医師の管理下で短時間で脱毛を終わらせる事ができるレーザー脱毛の方がお肌に優しいとしている見解もあります。

ですから、どちらにしようか迷っている場合は脱毛サロンとクリニック両方の説明をよく聞き、また自分のお肌の状態もよく知ってもらった上で判断する事をおすすめします。

自分に合う、より良い脱毛方法を見つけてくださいね!

永久脱毛のメリットはココ!永久脱毛をして良かったポイントをまとめました