永久脱毛を行うにあたっては、医療脱毛を受けることがほぼ唯一の方法です。

これは、永久脱毛を行うことができるのは医師などの医療従事者だけと法律で定められているからです。

エステティシャンなどは、永久脱毛を行うことはできません。

脱毛サロンで提供される脱毛については、永久脱毛にかなり近い状態にまではすることはできます。

しかし、永久脱毛ができることを宣伝広告を出すときに名乗ることはできません。あくまで、手軽に脱毛することができるということを強みとしています。

そのかわり、脱毛サロンを利用するメリットとしては店舗にもよりますが、比較的安価で利用することができるというメリットがあります。

ただ、確実に一生脱毛してきれいにできる医療脱毛ですが、そちらのほうにもデメリットがあります。

やはりネックになるのは高額な脱毛費用

まず美容クリニックなどの医療機関で提供される脱毛自体は医療行為としては認められていますが、健康保険の対象外となっていることを留意します。

どうして健康保険の対象外になっているのかというと、脱毛をしなくても命に関わるわけではないためです。

健康保険の対象となるのは、その病気が治療しないと健康に悪いときや命を落とす危険が考えられるときに適用の対象内となっています。

脱毛は別に行わなくても生活すること自体はできますので、健康保険の対象内になりません。料金については自費で治療費を全額負担することになります。

脱毛が完了するまでには、どうしてもある程度の長期間かけて取り組まなければなりません。

そのため、トータルで見た場合支払うお金が高額になってしまうことを注意しておきます。

医療ローンを使って支払うことについてはできますが、ローンを利用できない場合もありますので、医療ローンを利用したい場合には確認しておいたほうが良いでしょう。

肌へのダメージもフラッシュ脱毛に比べると大きくなる

それから、脱毛サロンよりも肌に負担がかかることもあります。

ですので、やけどのリスクについては配慮されていますがそのことを覚悟しておいたほうが良いでしょう。

日焼けしているときには脱毛が受けられないこともあります。